人と人との繋がりを大切にします・・・ 誰かに聞いてくる処・・・北新地の片隅に佇んでおります。 密談、北新地のご案内、明日を思い出す場所・・・
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
16:34:16
早くも2ヶ月が過ぎています、毎日に流されまいと思いますが、本当に早いものです。

第一回ワイン会は2/27(土)か3/6(土)辺りに考えております。
テーマは悩むところですが、やはりブルゴーニュでいきましょうかねっ!

料理はフレンチのシェフに用意して頂くとして、私は、「肉吸い」だけ自作するかっ(笑)!
まぁ正式に決まればあちこちに貼り付けますね。


それはそうとして、お祝いにワインを何本か頂きました。
いつか飲もうと思い、大事にセラーに閉まって有ります。

R0023581.jpg
Bonnes-Mares Grand Cru [2000] Domaine Fougeray de Beauclair
「ボンヌ マール フジュレ ド ボークレール 」

これはワインマニアのお客様が、先日に飲まれたものですが、久々にグランクリュを飲んだ気がします。
まだ10年しか経っておりませんが、流石にボンヌマールです、とてもエレガントなお味でした。


R0023653.jpg
Chambertin Clos de Beze2001 Bruno Clair
「シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ/ブルーノ・クレール」
持ってきて頂いた方達と一緒に飲みました。
美味しい畑に作り手ですね!
う~ん、素晴らしい、ブルゴーニュの醍醐味が上手く調和されております。

古い民家が好きなお方です、美味しいワインをありがとう御座いました^^




R0023674.jpg
Amarone della Valpolicella “Campo dei Gigli” [2000] Tenuta Sant'Antonio
「アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・カンポ・デイ・ジーリ・サンアントニオ 」

これはワインマニアな美食家さんから頂きました。
普段私はイタリアワインをボトルで飲む事は無いので、とても楽しみな一本です。

色々と考えて選んで頂いたと思いますので、飲むチャンスをうかがっております。
ありがとう御座いました。



R0023665.jpg
Chateau Malescot-St-Exupery 1964 
「シャトー マレスコ・サン・テクジュペリ」

これは昔から親交あるシェフから頂きました。
いやぁ~古いですねぇ~!
どんな味がするのでしょうか・・・

当分は寝かせて置こうかなぁ・・古酒マニアさんでも来た時に飲みましょうかね。

Kシェフ様ありがとう御座いました。

12:18:38
R0022923.jpg
・・・などと考えたりしてます。

12月にOPENして早くも、1ヶ月が過ぎました。
思い描くお店にするのは、中々難しいものだと実感して来る頃ですね・・・
何気にバケツに、放り込んできたコルクももぅ満タンになりました。

たいした告知もせずに開店させましたが、お店に来て頂いた知人、ネットからのお客様等、本当に感謝いたしております。


季節柄なのかボトルで飲まれるお客様は、何故かブルゴーニュばかりです。



現在、持ち寄りでワイン会でもしようかなと考えておりますが、テーマに悩むところです。


やはりブルゴーニュで攻めてみましょうかねぇ・・・?

17:41:21
R0022909.jpg
「Baccarat」・・・
美しく光り輝くクリスタルグラスには、魅了されるものがある。
誰もが知る世界の一級品は、やはり名前に負けない素晴らしいものだ・・・

普通のグラスに比べると数倍の値段だが、それと引き換えるべく優雅な時間を過ごす事が出来るだろう。
同じ酒を入れても良いグラスで飲むと味まで違うものだ、良い道具とはそう言うものか・・・


R0022901.jpg
「LOUIS ROEDERER CRISTAL 2002」
(ルイ・ロデレール クリスタル)

シャンパーニュ好きなら、恐らく誰もが知っているであろぅ、シャンパーニュだ
久々に飲ませて頂いたが、やはり美味い。

小規模なドメーヌでも、美味しいシャンパーニュは沢山あるとは思う、しかし流石の風格と言うか、このクラスになるとやはり違いを感じるものだ。

人気と知名度は伊達では無いか・・・

シャンパーニュは、よく祝い事に用いられる事が多いので、エチケットのデザイン、ボトルのデザインにも花があり、人の目を魅了することが大事なのだろう。

LOUIS ROEDERER CRISTAL ・・・綺麗で細やかな発泡であり、香り高い、これにはそれがある。
飲むものを魅了するシャンパーニュだ・・・

18:38:21
R0022890.jpg
お客様に何本か開けて頂いたワインです。

日記を書く時に、有名な作り手である「トルショー」と思い込み、Google検索したが出て来ない・・・
もぅ一度、店でよく見ると「トルトショ」だった・・・そりゃ無いわ・・思い込みは恐い。

R0022887.jpg
「Chambertin 1993 Grand Cru Domaine Tortochot」
(シャンベルタン 1993 グランクリュ ドメーヌ トルトショ)

シャンベルタンの作り手としては、比較的低価格でお飲み頂けるので、何本か仕入れてみた。
有名な作り手のシャンベルタンだと、あまり気軽に飲めない金額になってしまうものだ。

この「1993シャンベルタン」はとても良かった。
抜栓直後から果実の香りが優雅に溢れてくる、まだまだ力強さもは感じるが、シャンベルタンたる深い凝縮感だ。
とても良い状態であり、かなり美味しく頂く事が出来た一本であった。


R0022895.jpg
OPEN後、一ヶ月を過ぎ、皆様から頂いた祝い花も儚く散り行く頃である・・・

ワインも花も、一瞬の儚き時を彩るものか・・・

16:54:10
R0022672.jpg
Vosne Romanee 1986  Domaine Mugneret-Gibourg
(ヴォーヌ・ロマネ   ドメーヌ ミュニュレ・ジブール)

ブルゴーニュ好きなお客様が、先日開けられたワインです。
一杯頂きました。

既に24年目を迎えたワインですね、慣れない私は古酒を抜栓する時には、いつも緊張感がともないます(笑)!
古酒を何本も抜栓された事がある方は、この意味がお分かりになると思います・・・

大体半分位差し込んだ時に分かりますね、これは大丈夫だとか・・・ヤバっとか。

素晴らしく透明感のある、綺麗なルビー色をしていました。
コルクも問題無く、魅惑的な甘い香りが漂います・・・

村名格のワインですが、こんなに長い時間を経て成長を遂げたようです。
ミネラル感もたっぷりとあり、とろりとした熟成の果実味・・・
いわゆる古酒のアタリでしょうか・・・


開けるのは不安がともなうが、アタリに出会うと止められない古酒飲みですねw



「Bar 小塚」
R0022330.jpg R0022332.jpg
「明日への扉・・・」
人と人との繋がりを大切にしていきたいです。
良い出会い、交流、そこから生まれるものがあれば・・・
「Bar 小塚」が、そんな場にでもなれれば幸いです。
この扉を開けて下さい・・・









※場所等が分からない場合は、お電話頂ければ御案内させて頂きます。
人の噂話しや、当ブログ、ミクシィ、ネット上の何かを見られたなど、 本名、もしくはハンドルネーム、ミクシィ名、でも結構ですので、お電話時にお伝え下さいませ。




大阪市北区堂島1ー5-1 エスパス北新地23 5F(北新地堂島中通り)
店舗 tel  06-6344-1550
mobile  080-3030-1282

OPEN 20:00~for midnight
深夜は確認のお電話を頂ければ幸いで御座います。
             店主 小塚
メールフォーム
お問い合わせ等、お気軽にご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

即時の返信は、難しい時もありますのでご了承下さい。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
店内
R0022353_convert_20100101154418.jpg R0022376_convert_20100101154810.jpg
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QRコード
プロフィール

Bar 小塚

Author:Bar 小塚
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。